笠森寺かさもりじ(笠森観音かさもりかんのん)

  • 住所・・・千葉県長生郡長南町笠森302
  • 山号・・・大悲山
  • 宗派・・・天台宗
  • 本尊・・・十一面観世音菩薩像
  • 坂東三十三観音霊場第31番札所

創建

寺伝によれば延暦3年(784)伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観音を作り、山上に安置した。 坂東三十三観音霊場第31番札所。

境内

バス停を降りて、山を削ったところを通ると山門が見え、くぐると観音堂が見える。

逸話

観音堂は「四方懸造」の建築様式で長元元年(1028)後一条天皇の勅願により建立された。

体験談

JR茂原駅とバスとの乗り換えが悪く、駅で1時間以上も待たされた。長時間バスに揺られ、目的のバス停で降りる と数分で笠森寺に着いた。アクセスは悪いが、時間を気にしなければ大丈夫だった。笠森寺は観音堂が目立ち、 登ってみると眺めがとてもいい。遠くから来て良かったと思う瞬間だった。